全クルー合宿 | 台湾

毎年4月に行っている全クルー合宿。今年は4月13日より2泊3日で、日本を離れ台湾・台北市へ行ってまいりました。なぜ台湾??そんな疑問が浮かばれる方々も多いかと思います。-今回台湾に決めた理由は2つ。

● 台湾が国をあげて、デザインに取り組んでいること

● ここ最近積極的に海外人材を採用していることもあり、多様性を学ぶ第一歩として

Longshan Temple

<初日>

寝ぼけまなこで朝6時に羽田空港に集まり、約3時間飛行機に揺られ台湾へと到着。そのままホテルに荷物を預け、フリータイムへ。観光地巡りをするクルー、台北の街を散歩するクルー。それぞれ思うがままに、自由に時間を過ごしました。夜には、全員揃って桐花 (http://www.tung-hakka.com) へ。台湾の客家料理に舌鼓を打ちながら、紹興酒に飲まれる場面も。

①

③

<2日目>

午前中から事前に振り分けたグループで台北市内の各地を巡り、「多様性」をテーマに動画を撮影。昼食は小籠包で有名な點水樓 (http://dianshuilou.com.tw/jp/index.html)) 。丸テーブルを囲み、様々な種類のとってもおいしい小籠包をいっぱい食した後、マンゴープリンまでいただきました^^午後は、Airbnbで借りたマンションに全員で集まり、ZEPPELINのフィロソフィーやプリンシプルについてクルーそれぞれが意見を発表し、話し合いをしました。 2日目の夕食は、天外天 (http://tianwaitian.com.tw/tianwaitian.htm)で、バイキング形式で火鍋を堪能しました。日本ではあまり鍋に入れない食材もあり戸惑いつつも、とってもおいしく、満腹になるまで食べてしまいました。

①

TC_INS01

<3日目>

最終日は、前日撮影した動画の上映会が開催されました。 グループごと、テーマ「多様性」の捉え方や表現の仕方が異なり、純然に歴史を遡るグループもあれば、台湾らしい色にスポットを当てるグループもあり。笑いの要素も存分に盛り込まれる結果となり、終始笑いが絶えない、そんな上映会でした。その後、全員で最優秀女優賞・最優秀男優賞・最優秀作品賞の3部門へ各自1票ずつ投票。真正なる審査の末、各部門の受賞者および受賞作品が決定し、表彰式が執り行われました。 食べ物がおいしいのはもちろん、建物や空気感などなど様々な面で日本にはない空間で、とっても満喫できました。
②

来るゴールデンウィーク、台湾旅行はいかがでしょうか。 (http://jp.taiwan.net.tw/)

RECOMMEND

View all