上海視察レポート|MWCS前編

上海で開催された「Mobile World Congress Shanghai2016」(以下MWCS)へクルーの後藤と三浦が視察へ行きました。広大な会場で3日間にかけて行われた展示会とカンファレンスの様子をそれぞれのレポートよりご紹介いたします。前編はデザイナーの三浦より、カンファレンスの主要テーマの一つであった5Gの動向を中心に、イベントの様子をご報告します。


 

6月29日から7月1日にかけて開催された世界最大級のモバイルイベント、MWCS2016(Mobile World Congress Shanghai)を視察するため、中国・上海を訪れました。

イベントでは世界中から携帯電話端末やその関連機器、コンテンツ、サービス等における最先端の情報とテクノロジーが展示され、各業界をリードする企業のCEOやトップクラスの技術者が登壇するカンファレンスが同時に開催されました。

MWCSの会場となったのは上海市内から少し外れた浦東(浦东:Pudong)にある上海国際博覧センターで、日本でいう幕張のような場所に、東京ビックサイト3つ分に相当するであろうダイナミックな展示場に私たちは圧倒されつつ、開催国である中国の通信事業者や機器メーカー、機器プロバイダなどのブースが花形となり、会場は大きな賑わいをみせていました。

IMG_9194 (1)

(上海国際博覧センター外観)

IMG_9103

(各展示ブース。企業だけでなく、一般の参加者も多いことが特徴的でした)

第4次産業革命のコアとなる5Gへの期待

今回の視察では、特に「5G」について世界の通信事業に携わる企業が、どのような取り組みを行っているのか注目していました。それに伴い今後モバイル事業がどう進化していくか詳しく聞くため、「5G:Creating Value for Consumers and Industry in Asia Pacific」というカンファレンスに参加しました。

このカンファレンスでは、中国のChina Mobileや韓国のKT、また日本からはNTTドコモの尾上誠蔵取締役常務執行役員など、アジアを中心に活躍する通信事業者の代表がプレゼンテーションを行い、各企業のこれまでの取り組みや5Gに関する今後のビジョンについて語られました。

China Mobileの技術責任者であるLiu Guangyi氏は「5Gは新しいビジネスを始める機会である」と述べ、前回のバルセロナで行われたMWCでは単なるコンセプトイメージでしかなかった5Gが、今はより現実的になってきていると話しました。その裏付けとして、China MobileとHuaweiなど、各社から技術者が連携し研究を続けている5Gの通信速度向上と商用化を目指したデモが発表されました。

デモの中で強いメッセージとして、5Gが商用化される2020年前後の世界はまさに第4次産業革命の始まりとなること、Hyper Media、Connected Vehicle、Smart Office&Home、Virtual Reality、Smart Healthcareなど様々な分野のサービスが実現されるとありました。

その中でも最も注目されていたのがVirtual Reality(仮想現実)サービスです。従来よりも格段に通信速度が発展することで、現在の通信速度では処理しきれない情報量も対応できることとなります。例えば、スポーツの試合を選手と同じ視点で、360度の角度から観戦することが可能になり、あたかも自分がその場にいるような感覚をユーザーに提供できるようになります。

そこで韓国大手通信事業者KTは2018年のピョンヤンオリンピック開催までに、5Gを現実的な商用化へ運ぶためのアクションプランについて披露し、日本からもNTTドコモが2020年の東京オリンピックまでに5Gを本格的に導入していく意向を示すなど、多くの企業がオリンピックを意識した開発に向かっていることが改めて分かりました。

IMG_9147

(ZTEブースでVRを実際に体験)

 

5Gを実現するための課題とは

各企業の登壇者がプレゼンテーションを行った後、パネルディスカッションや質疑応答の時間が設けられ、5Gを実現するにあたりチャレンジしなければならないことや、現状の課題は何かという質問が多くされていました。

登壇者のほとんどが同じ課題を掲げており、高い周波数を利用するために高度な技術が必要であるといった技術面と、5Gを展開する上で必要なアンテナの普及に関するインフラ整備など運営コストについての課題が残っていると述べました。

中でも最も重要視されていたことが通信時のタイムラグ(遅延率)の低減です。この課題を解決するには従来のネットワークである4G、LTE、Wi-Fiとの共存が必要であり、これらネットワークを利用することにより遅延率を低減させ、早いスピードでコンテンツをユーザーに届けることができると話し、実現させるためには、広範囲に及ぶ各社がパートナーとして結束し5Gを基盤化する取り組みが必要であると述べ、カンファレンスが締めくくられました。

IMG_9289

(カンファレンスの様子)

視察を経て

今回、5Gの世界動向を中心に視察を行いましたが、5Gの技術を生かしたUX視点からの新しいコンテンツ企画提案や、課題とされていた従来のネットワークとどう共存させていくかについては、UX設計を強みとするZEPPELINだからこそ実現できることも多いと感じました。5Gによって通信速度が上がり、よりシームレスに情報を提供できるようになった際に、どんなサービスが必要とされるか、UX視点からだけでなくコンテンツをユーザーに届けるためのUI設計においても多様なアイディアを提供できると思います。

個人的には、最先端技術を生み出している人々の仕事を目の当たりにし、肌で感じられたことがとても刺激的な経験となりました。特に賑わいをみせていたChina MobileやHuawei、ZTEといった中国企業の展示ブースへの作り込み、UXに沿ったクオリティの高いコンセプト動画には未来への期待が湧き、今後のユーザー体験は今までとは比べものにならないくらいの進化を遂げることを感じました。今はまだ想像もできないような新しい体験を、ZEPPELINでデザインしていきたいと強く感じた視察となりました。


 

三浦からのレポートは以上となります。後編では、後藤よりMWCSで発表されたサービスを中心に、現地での考察を含めたレポートをご紹介いたします。

ZEPPELIN Inc.

ZEPPELIN Inc.

http://zeppelin.co.jp/company/

ZEPPELIN「WE CREATE BEAUTIFUL WORLDS」というビジョンのもと、 デザインを軸に、ユーザーの日常の体験を生み出す「場」です。

ZEPPELIN Inc. の記事一覧

RECOMMEND

View all