未来に“残るデザイン” 第4回「移動する建築」

news_1203_01

第4回 移動する建築

板坂諭(建築家/プロダクトデザイナー)

2010年にh220430名義で活動を開始し、2012年に株式会社the design laboを設立。建築・家具などを題材として、単にモノの形をデザインするのではなく、そのモノに込めたメッセージをもとに生まれる、二次的なコミュニケーションをデザインされています。
2011年に中国メディア主催のMedia AwardでAnnual Original Products Design Award、2013年にはイタリアのA’Design AwardでBaby,Kids and Children’s Products Design Category銀賞を受賞。 2012年には「Mushroom Lamp」がサンフランシスコMOMAのパーマネントコレクションとして収蔵され、2014年に開催されたミラノサローネでは、新作プロダクト「Balloon Chair」を出展されています。

鳥越
私は大学1、2年生のときに建築の基本概念を学んだのですが、
クルーにも建築を学んで欲しいと思っているんです。

建築って、建物そのものだけを考えるということはなくて、
必ずその周りの環境や時代背景、
何百年続いている建築の歴史についても考慮しますよね。
もっと言えば、都市や国、世界という広い視野で考えるじゃないですか。
鳥越
建築業界的には異例と言われるかもしれませんが、
ユーザーが純粋に「良い」と言ってしまうような建築、
ただ奇をてらったようなものではなく、
それでいて新しい建築を造ってみたいと考えているんです。
板坂
なるほど、いいですね。

恐らく、iPhoneだって、発売前は
これ程までスマートフォンが浸透するとは予想していなかったはず。
でも、そこで勇気を出して発売に踏み切ったら成功して、
いつの間にか、むしろスマートフォン以外は
「いまだにガラケーなの?」
みたいな話になっていますしね。
鳥越
そうですね。
板坂
建築というジャンルからアプローチするのではなくて、
例えば、キャンピングカーのように、
"たまたま建築のような形をしている"というのもいいかもしれませんね。

建築基準法を読み解くと、
建築物とは地面に接しているもの、地面に固定されているもの。
だから、キャンピングカーは建築基準法から外れるんですよ。
鳥越
あれは家じゃなくて車になっちゃうんですか?
板坂
そうなんです、車両なんです。
だから、動かせる状態にしておけば、建築基準法を気にせず、
鳥越さんのジャンルでも何か作ることは可能だと思います。
鳥越
建築の形をしていても、
「最先端のIT端末です」
と言ってしまえば問題ないということですか。
板坂
そうですね。
たまたま人が入れるという感じで。
鳥越
そう考えると何でもできちゃいそうですね。
あとは置く場所の問題ですかね。
板坂
そうですね。
置く場所自体は法律関係なしに選べると思いますが、
目立ってしまうと、何らかの法律で規制されるかもしれませんね。
ひとまず、車輪をつけるなどして、
地面に設置させていないことは必須でしょうね。
鳥越
磁力で浮かせたいですね。
板坂
浮いたら、それはすごいですね。
鳥越
家に入ったら、ちょっとたわみそうですね(笑)
板坂
リニアモーターカーみたいですね。
でも、本当、浮かなくても大丈夫ですよ(笑)

news_1203_11

板坂
僕は、車的な発想から家を造りたいという思いがありまして。
日本の自動車メーカーが住宅事業に
力を入れ始めたときに、すごい期待したんです。

最近の車って、300万円位で完璧な装備、内装がされていますよね。
エアコンもあって、音楽も聴けて、電話もかけられて…
しかも、水密製や、地震に耐えうる強さもある。
僕たちが住んでいる建築よりも、
よっぽど上をいく空間をつくっているので、
あの発想で家を造ると思っていたんです。

でも、できたものは大手ハウスメーカーと変わらなかった。

車の発想だと、例えば、
ボタンを押すと窓が開くとか当たり前じゃないですか。
だけど建築の場合は、ガラガラガラ…みたいに
横に引いて開けるという考えが定着してしまっている。

古い建築の体質に、そういった目の前のヒントを活かせば
大きな変化を生むと思っていたので、本当に勿体なく感じました。

車的な発想で、家じゃない…
ある意味、目指しているものに近いと思いませんか?
鳥越
ジプシーみたいなイメージですかね。
彼らは固定された家を持たず、移動しながら生きていますよね。
板坂
そうですね。
駐車場に住まうというのはどうでしょうか?
鳥越
それいいですね。
日本各地に道の駅が増えている理由は、住むためだった(笑)
板坂
住まうため(笑)
いいですよね。

普段の生活に必要な物だけ積み、
その他の持ち物はトランクルーム的なところに預けて、
色々な場所を移動しながら生活する…
面白いかもしれないですね。
鳥越
面白いですね、その事業やりますか(笑)
板坂
いいですね。
トレーラーハウスなんかの法律を押さえる必要がありますが(笑)

トレーラーハウスがある以上は問題ない訳ですから、
建築からの発想じゃなくて、車だったり違うジャンルからの
住空間というのは絶対面白いです。

もしかすると、自分で動かなくても、
誰かに引っ張ってもらうだけでもいいかもしれないですね。
鳥越
他の人に引っ張ってもらう…
ヒッチハイクですね(笑)
板坂
動かすものを付けようとすると大変になってしまうので、
動くという前提にしておいて、違う車に引っ張ってもらうと。
鳥越
いいですね。
引っ張ってもらう…その発想はいいですね(笑)

news_1203_12

板坂
実は、似たようなことを考えていたことがありまして。
小さな小屋でも快適な生活ができるんじゃないかと思っているんです。
鳥越
小さな小屋ですか。
板坂
日本は20平米位のワンルームで生活している方が多いようですが、
そういうワンルームで生活できるなら、
ちゃんと考えられた小さな小屋の方が快適な生活ができると思うんです。

というのも、その20平米の中には結構無駄なスペースがあるので、
実質使っている空間は、もしかしたら駐車場1台分位かもしれない。
そこに最高の設備を持ち込んであげれば、
もっと安く、もっと快適に住めるんじゃないかと思っているんです。
鳥越
なるほど。
板坂
これって日本に限った話じゃないんです。

シンガポールって、今多くの日本人が移住されていますよね。
この間、シンガポールに行ったときに聞いた話なのですが、
適当な大きさの住まいがないらしいのです。
最低でも30万位の家賃からファミリータイプしかないらしくて、
「ワンルームのマンションを始めれば、絶対ヒットするのにね」
なんて話していました。

マンションの場合、構造上積み重ねるしかできないので、
近隣のことを考えると、騒音を気にしたりなどの制約がある。
色々と考え出したら、精神的にも貧しい生活になってしまいますよね。
だったら、トレーラーみたいな小屋を置いて生活するという
スタイルはどうだろうと思ったんです。

海外の他の地域でも、別の需要があるかもしれないので、
そのユニットを製品として作ってしまって、
日本だけじゃなく、もっと広いマーケットで公開する、と。

面白くないですか?
鳥越
面白いですね。
安藤先生とも、少し似たようなことを話したんですよ。

地方に行く程、その傾向が顕著になると思うのですが、
一緒に住んでいる家族構成の変化、
例えば、子どもが進学や就職などで家を出てしまうと、
親の生活が不便になることが起こると思うんです。
そんなとき、状況に合わせて家ごと移動できたら…
板坂
うちの祖母の家がまさにそうですよ。

もう山の谷みたいなところで暮らしているのですけれど、
息子たちは外に出て行ってしまい、今は祖母しかいない。

祖母は、家にこだわりというか愛着があるので、
そこから移ろうなんていう発想はないのですけれど。
確かに、家ごと子どもの近くに移動できたら、色々解決しそうですね。
鳥越
暫くしたら、きっと寂しくなるから元のところに戻したりして。
板坂
なるほど(笑)
鳥越
ヤドカリに近いですね(笑)
板坂
いいですね、それは。
昔の日本の家って、でもそうだったんですよね。
お茶室なんて、どんどん移築、移築ですからね。
鳥越
そうですね。
板坂
いいじゃないですか、日本的な発想で。
日本には、もともと建物を動かす曳家※という技術がありますし、
そういう技術を現代的にアレンジできそうですよね。

(※ ひきや。建築物を、そのままの状態で移動する建築工法のこと。)

鳥越
いいですね、本気で考えてみたいですね。
news_1203_13
ZEPPELIN Inc.

ZEPPELIN Inc.

http://zeppelin.co.jp/company/

ZEPPELIN「WE CREATE BEAUTIFUL WORLDS」というビジョンのもと、 デザインを軸に、ユーザーの日常の体験を生み出す「場」です。

ZEPPELIN Inc. の記事一覧

RECOMMEND

View all