未来に“残るデザイン” 第1回「変化を生み出す新しいアプローチ」

news_1203_01

第1回 変化を生み出す新しいアプローチ

板坂諭(建築家/プロダクトデザイナー)

2010年にh220430名義で活動を開始し、2012年に株式会社the design laboを設立。建築・家具などを題材として、単にモノの形をデザインするのではなく、そのモノに込めたメッセージをもとに生まれる、二次的なコミュニケーションをデザインされています。
2011年に中国メディア主催のMedia AwardでAnnual Original Products Design Award、2013年にはイタリアのA’Design AwardでBaby,Kids and Children’s Products Design Category銀賞を受賞。 2012年には「Mushroom Lamp」がサンフランシスコMOMAのパーマネントコレクションとして収蔵され、2014年に開催されたミラノサローネでは、新作プロダクト「Balloon Chair」を出展されています。

鳥越
板坂さんは建築家でいらっしゃると同時に、
プロダクトも作られているんですよね。
板坂
そうですね。

高校、大学と、ずっと建築を学んできまして、
今は建築の設計でも特に、住宅の設計をメインでやっています。

その傍ら、家具のデザインなども頼まれることがあり
プロダクトのデザインも始めたら、
最近はプロダクトの方が徐々に数が増えてきた、というような状況です。

最近は、基本的には建築家で、
プロダクトデザイナーでもある、ということにしています。
鳥越
板坂さんの建築には、
本当に考え抜かれた美しさを感じています。
板坂
ありがとうございます。
鳥越
プロダクトも作ろうと思われたきっかけは何だったのでしょうか?
板坂
理由のひとつは、
もともと建築家にとって30、40代というのは
非常に厳しい年代ということを知っていたので、
建築だけに携わっていくのは難しいだろうと思っていたんです。

先の人生を長い目で見たとき、
自分の仕事を限定していると辛い時期がくるかもしれないし、
何か建築以外のこともやっていきたいなという思いがあったんですね。

もうひとつは、建築家として空間を頼まれると、
その空間に合った机や椅子、
その他にもいろいろな備品のご要望をいただくんです。
それで、知っているお店で探したり
メーカーに相談したりするんですが、無いことが多いんですね。

無い・無い・無い…と言っていても解決しないので、
「じゃあ僕が作りましょうか?」ということを重ねていると、
良い職人や作り手と出会う機会が増えていって。
それで、プロダクトの製作も仕事にしていいんじゃないか
という気持ちになってきたんです。
鳥越
そういうことだったんですね。

フランク・ロイド・ライト※も
多くのプロダクトを作っていますよね、照明とか椅子とか。
建築家がプロダクトも作るという流れは必然なんですかね?

(※ Frank Lloyd Wright。建築家。ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれている。)

板坂
そうですね。ライトの時代なんかはまさに、
今みたいに物が溢れていないので、
作らざるを得なかったと思います。

それに、ライトの空間というのはちょっと個性的なので、
彼が手がける空間に”異物”を持ってくると”異物”でしかなかった。

きっと、空間全体としてライトらしいものを
つくりたいという気持ちがあったのだろうなと思います。
確かにそれと、同じですよ。
鳥越
プロダクトと建築を同時にやっていくって、
どういう風に進めていくんですか?
板坂
僕はライトが大好きで、
学生の頃は彼の本ばかり読んでいました。
フランク・ロイド・ライトが理想だと思っていたんです。
理想というか、建築家はそうあるべきだと思っていて。

建築家として、自分が手がける空間に責任を持って
自分のデザインで完結させることが最高の贅沢だし、
それがうまくいけば一番いいはずだと思っています。

news_1203_02

板坂
ザハ・ハディッド※も、全部自分で作っているんですよね。
彼女も非常に独特な建築をデザインされる方なので、
テーブルから椅子から、空間を構成するいろんなものを
作らざるを得ないかたちをしているんですよね。

(※ Zaha Hadclass。建築家。現代建築における脱構築主義を代表する建築家の一人。日本の新国立競技場の設計を担当。)

鳥越
そうですね。
板坂
彼らのような建築への関わり方が、
僕の中では結構理想なんです。

ただ、お客さんの立場からすると、
迷惑に感じられることがあるかもしれないので、
必ずしも正解とは言えないんですが…やってみたいなと思っています。
鳥越
正解とは言えないというのは?
板坂
ライトを例にすると、
「彼の作る椅子は重くてしようがない」
とかいう話があるんです(笑)
鳥越
(笑)
そんなに重いんですか?
板坂
重いんです。
そのような欠点も見えてきちゃうので、
正解とは言い切れないかな、と。
鳥越
なるほど。

実は今、少しずつ「家具にインターフェースを載せる」
というプロジェクトが動き始めているんですが、
いずれ建築にも広げていきたいと考えているんです。
板坂
いいですね。
鳥越
徐々に建築へ、
そして建築から都市へと枠が広がっていけばと思っているんです。
板坂
いいですね。
もしかしたら、都市から建築というような
逆の流れもあるかもしれないですね。

例えば、公共施設や地下鉄の駅といった、
最初は都市に浸透したものが
住宅の中に入ってくるかもしれないですよね。
鳥越
そうですね。
確かに今の人々は、
身近なモバイル端末やデバイスばかりに集中しているから、
そういう流れもありですね。
板坂
絶対面白いですよ。
街で何か体験した人に、
その体験を家でもやろうという気持ちを起こさせ、行動を促す。
生活が激変するんじゃないでしょうか。

恐らく、家具や建築から…となると、
初期投資が結構かかるでしょうし、
世の中に浸透するまで、ちょっと時間を要しそうですよね。
「そういえば、この間地下鉄で体験したあれを自宅で使ってみよう」
みたいな、そういう流れの方が浸透しやすそうな気がしますね。
鳥越
そうですね。

やっぱりZEPPELINで早くプロジェクトをやりたいですね。
ユーザーが本当に良いと思うものを生み出していきたい。
インターフェースだけじゃなく
フィールドを限定されないというか、
枠に捕われない世界観で打ち出したいんです。
板坂
いいですね。
鳥越
こういった思いと、
ZEPPELINのビジョンに通じる嬉しい出来事があって。

クルーの中にAXISさん主宰の、
新規事業を創出する勉強会に出ていたメンバーがいるんです。

そこでは、土木系企業や自動車メーカー、市議会議員の方などの、
道路産業にまつわる関係者が集まり、
現状の課題を課題を解決できる新しい発想を生み出せないかと、
定期的に話し合っていたんです。
板坂
いいですね。
鳥越
プロトタイプを見せてもらったんですよ。

道路の白線ってあるじゃないですか。
それを芝生に変えたらどうだろうというプロトタイプで。

news_1203_03

板坂
なるほど。面白いですね。
鳥越
ガードレールなんかで物理的かつ明示的に示すよりも、
人の心理に働きかけるような、
より自然な形で車と人との境界ができたら、
そんないいことはないですよね。
板坂
そうですね、いいですねそれは。
鳥越
たまに踏まれちゃってかわいそうなことも起きるかもしれませんが。。

ZEPPELINは今後、そういった社会の様々な点に
ユーザエクスペリエンスやデザインという考え方、切り口から、
問題解決していける組織になろうとしているんです。
板坂
なるほど、いいですね。

僕はずっと建築をやっていますが、
建築にちょっとした限界を感じるときがあるんです。
「柱を立てて、屋根を掛けて人がそこに住まう」
という、人と建築の関係は昔からずっと変わっていない。
そういうものとして根付いているので、
変えることがとても難しいんです。

だからこそ、何か変えたいと考えていたときに、
こういったお話を聴くと、激変する可能性を感じますね。
鳥越
本当ですか、嬉しいですね。

実は、組織体としてのベースは出来上がっているんです。
ZEPPELINは、ZEPPELINホールディングスの中に
位置している形なんですが、
同じように、クルーが意志を持って事業を興せるようなチームを
増やしていけたらと考えているんです。
ZEPPELINグループの中に、いろんな会社ができていくイメージですね。
その中で、例えば、板坂さんとやるような
建築関係の事業が生まれてもいいと思うんです。
板坂
いいですね。
鳥越
クルーが自分の発想をもとに自分自身で舵取りをして、
自分の船を動かしているという感覚を持てる組織、
一歩ずつそこに近づけていきたいと思っています。
板坂
なるほど。
多くの人は現状の社会に対してある程度は満足してしまっているので、
なかなか次のステージにいけない。
恐らく、仰っているような新しいアプローチで始めるからこそ、
変化を生み出せそうな気がします。

もしかすると、歴史に残るようなことができるかもしれないですね。
しかも、それは日本人だからこそできることかもしれない。
ぜひ一緒に何か形にしたいですね。
news_1203_04
ZEPPELIN Inc.

ZEPPELIN Inc.

http://zeppelin.co.jp/company/

ZEPPELIN「WE CREATE BEAUTIFUL WORLDS」というビジョンのもと、 デザインを軸に、ユーザーの日常の体験を生み出す「場」です。

ZEPPELIN Inc. の記事一覧

RECOMMEND

View all