”利他的UX”が作る未来 第1回「安藤エクスペリエンス」

news_0825_01

第1回 安藤エクスペリエンス

安藤昌也(千葉工業大学 工学部 デザイン科学科 准教授)

NTTデータ通信株式会社(現株式会社NTTデータ)を経て、1998年アライド・ブレインズ株式会社の設立に取締役として参画。ユーザビリティ・アクセシビリティを中心に経営戦略や商品開発をユーザー視点で行うコンサルティング業務に従事。ユーザエクスペリエンスに関する研究で博士号を取得後、2011年から現職。
現在は、ユーザエクスペリエンスや人間中心設計(HCD)、エスノグラフィック・デザインアプローチなどの研究・教育に従事されています。また、HCDおよびアクセシビリティの国際規格に関するISO/TC159(人間工学)国内対策委員などで委員を務められ、現在はNPO法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)理事であり、同機構認定人間中心設計専門家。専門社会調査士の資格も保有されています。

鳥越
早速ですが、まずは安藤先生のご職業、専門分野を伺いたいのですが。
安藤
実はそれ、1番難しくて。

基本的には、デザインの教育に携わっている大学教員で、
ユーザーエクスペリエンスの研究者。
ユーザーエクスペリエンスデザインの研究というか、
ユーザーがどういう体験をするのかということを
どちらかというと心理学的な側面から研究する、
それが基本の職業ですね。

ただ、もともとコンサルタントだったので、
コンサルタントでもある…ということですか(笑)
鳥越
ご自身の専門をユーザーエクスペリエンスデザインだと意識したのは、
いつ頃ですか?
安藤
そうですね…2010年位ですかね。
鳥越
割とじゃあ、私と出会ったあたりで、だったのですね。

news_0825_02

安藤
そうですね。
私自身がやってきたこと自体は、
学生の頃にやっていたことと何も変わっていないんですが、
それをユーザーエクスペリエンスデザインと呼んだら
分かりやすい、ということに、2010年位に気づきました。

それまでは、大学院の博士課程で
ユーザーエクスペリエンスに近い研究をしていたんです。
その頃は、”実利用環境による製品評価”と言っていました。
「ユーザビリティというのは瞬間の話ではなく、
その製品を使う前から、使っている間も変化していくものですよね」
ということを言って、
”長期的ユーザビリティ”というキーワードで研究をしていました。

要するに、
現場のユーザーは製品にどのように向かい合い、
どのように使い、どのように使った結果を感じるのか…
そこを研究していたんです。
ただ、それだと分かりにくいから、周りの人たちは
UXD…UXと言っていたようですが、
僕は、あえて自分の専門をUXと呼ぶ事は基本的に無かったですね。
鳥越
成る程。
安藤
ただ、最近は、特に企業に対してコンサルテーションしている内容は
ユーザーエクスペリエンスデザインだと意識するようになりました。

これまで企業に対しては、
“ユーザーエクスペリエンスデザイン”ではなく
“顧客価値デザイン”と言い換えて話すことが多かったんです。
今はUXに対する理解がかなり浸透してきたので、
自信を持って、
「私がやっていることはユーザーエクスペリエンスデザインです」と、
言えるようになってきたかなと思います。
鳥越
安藤先生は、アカデミックな場を軸に
様々な分野の企業や団体に関わられていらっしゃいますが、
何か理由があるのでしょうか?

news_0825_03

安藤
そうですね…
まず、ユーザーエクスペリエンスデザインって
昔からあったことなんですけど、
特にここ最近、デバイスやサービスがリッチになってくることで
かなり多様になりましたよね。
そういう意味では、
大学の中で研究をしているだけでは分からないことも沢山あって。

企業の人が実践で抱えている問題などを知ることで
新しい研究領域が分かるというか…
そういう関係にあるので、
今は企業や社会と関わりを持ちながら研究を進めていく
というスタイルをとっていますね。

「なんで先生になったんですか」とは良く聞かれるんですけど、
非常に答えにくくて(笑)
鳥越
はい(笑)
安藤
あの…僕はコンサルティングをやっていたんですけど、
体調を壊しまして。
それをきっかけに、博士課程で研究を始めました。

実は、研究に没頭するあまり、お金がなくなっちゃいまして。
働かなきゃいけなくなって、大学の先生になったっていう(笑)
鳥越

研究が先だったんですか。
安藤
研究が先です。
2005年から研究を始めて、お金がなくなってしまい…
あまり言いたくない話ですが、これが安藤エクスペリエンスです(笑)
鳥越
安藤エクスペリエンス(笑)
安藤
「何だこの人?」っていう
ちょっと変わった独特の…安藤エクスペリエンス。
僕のプレゼンには、母親が出てきたりするんですよ(笑)
鳥越
しますね(笑)
ご実家に帰られたときのエクスペリエンスが盛り込まれていたり。
安藤
そうなんです…毎回新しいネタが振込まれるという…
これも安藤エクスペリエンスです(笑)
news_0825_04
ZEPPELIN Inc.

ZEPPELIN Inc.

http://zeppelin.co.jp/company/

ZEPPELIN「WE CREATE BEAUTIFUL WORLDS」というビジョンのもと、 デザインを軸に、ユーザーの日常の体験を生み出す「場」です。

ZEPPELIN Inc. の記事一覧

RECOMMEND

View all